Japan Aaropress Championship 2014

Japan Aaropress Championship 2014の詳細に関しては下記アドレスにて公開しております。

https://www.facebook.com/japanaeropresschampionship2014

Impression of the Japan Aeropress Championship 2013 by JAC2013 Champion Shinya Okabe(Japanese&English)

=エアロプレス大会=

ホームバリスタのボクがJAC、WACに出場し偉そうに語ることはできませんが、せっかくの機会を頂いたので今回のチャレンジについて書かせていただきます。

Q:なぜJACにチャレンジしようと思ったのですか?

友人の井上さんが福岡の大橋というところでLEYTONS COFFEE ROASTERという自家焙煎のお店をやっているのですが、彼が今回のJACについて教えてくれて興味を持ちました。

開催地が東京だったので少し迷いましたが、Fuglen Tokyoさんで行われるということで縁を感じました。というのも、2月ごろにFuglen Tokyoさんでバリスタコースを受講し、小島さんにご指導して いただきその際エアロプレスについても 質問させてもらいお世話になった場所だったからです。 また、大会に出れば、色んな方の淹れ方も見ることができると思い参加させてもらおうと思いました。

最終的には、MANLY COFFEEの須永さんに相談したところ、素人でも大丈夫、と言ってもらい参加を決意しました。それから大げさかもしれませんが、もし優勝できたら何か人生変わるかも!ちょっとしたウキウキ気分も正直ありました・・・。(笑)

Q:出場するにあたってやったことは何ですか?

どうせ参加するならメルボルン行きを狙おうと思い、日頃から豆を購入しているLEYTONS COFFEE ROASTERに豆、場所の協力をしてもらい、とにかく数をこなしました。あとはMANLY COFFEEさんをはじめ、エアロプレスのコーヒーを 出しているお店に行ったり、世界大会のチャンピオンのレシピをマネして、感動しながら自分なりに調整していきました。エアロプレスを逆さまにしていれるインヴァートという淹れ方、通常の淹れ方、ペーパーフィルター、金属フィルター、お湯の温度、豆の粒度、どのくらいの時間をかけるのかなど色んなことを試しました。味は自分の意見だけでなく友人数名に頼んで味見をしてもらい感想を言ってもらいました。大会前に、大会で使用するSolberg&Hansenの豆をFuglen Tokyoさんが送ってくださったので、パッケージに書いてあった豆の特徴を出せるように意識しながら限られた量の豆で微調整して大会に挑みました。

tumblr_mmxutmelyr1qjsr83o1_500

Q:実際に出場して

福岡から東京に行くので最低でも1回戦は突破したいという気持ちとみなさんどんなコーヒーを淹れるのかな、という興味を持って大会に臨みました。みなさん当たり前ですが本格的なので緊張しましたが、大会のルール説明でエアロプレスの大会は楽しむものだと言われていましたし、参加者、また見に来ていた方々も楽しい雰囲気でお話もさせてもらって、緊張しすぎず雰囲気を楽しめました。

image03

そして、改めてエアロプレスという器具は色んな使い方があることを実感しました。みなさんの工夫とオリジナリティは本当に感心させられることが多くとても勉強になりました。

0-10

0-2

Q:WACで感じたことは何ですか?

JACの1週間後にWACでした。自費での出場でしたので、まずしたことはメルボルンまでのチケット購入でした。

大会までに時間がなく 日本で大会使用豆を手に入れることができず、メルボルンで手に入れることになりました。大会前々日に大会使用豆と思って購入した豆は正式な大会使用とは違う豆だったというハプニングもありましたが大会前日にやっと本番と同じ豆を手に入れることができました。不安もありましたが特徴を出せるようにできる限り調整し本番に挑みました。大会当日1時間ほど会場で練習時間がありましたが大会出場者のみなさんのこだわりに圧倒されそうになりました。みなさん最後の調整で何度も淹れ直し、味を確認、それぞれ違う淹れ方ですが、一杯のコーヒーに込める思いがすごかったです。豆の選別、水にもこだわり、入念に準備していました。基本的なことかもしれませんが、やはり準備の重要さを実感しました。

大会には数カ国から取材も来ていて緊張感もありましたが、音楽もかかりMCの方たち、また会場に来た人たちが楽しい雰囲気をつくり、会場全体が一体化してすばらしい雰囲気に変わって競技が進んでいきました。ファイナルになると会場全体がものすごく盛り上がりで世界大会にいる!!と改めて感じ、その場にいれたこと自体ありがたいことでした。

コーヒーを淹れる、ジャッジする、みんなで盛り上がる。全てがステキな瞬間そして、空間でした。

image05image04

短期間で一気にエアロプレスに触れたことで、粒度の少しの違い、ステアの有無や回数、お湯の温度などちょっとしたことが味に影響を与えることをやればやるほど感じ、コーヒーの奥深さ、エアロプレスの魅力を再認識しました。

今回、勝手ながら縁を感じたFuglen Tokyoの小島さん。また、MANLY COFFEEの須永さん、LEYTONS COFFEE ROASTERの井上さんには色々アドバイスをもらい、大変お世話になりました。ありがとうございました。

世界大会出場という貴重な体験をさせていただけたことに感謝します。

長くなってしまいましたが、拙い文章を最後まで読んでいただきありがとうございました。

エアロプレス最高!!

Let’s have an awesome cup of coffee with Aeropress ! ^^

JAC2013 Champion 岡部 慎也

tumblr_mmxte5ztQG1qjsr83o1_500

JAC2013 Champion Shinya Okabe

=Aeropress competition=

 I participated in JAC and WAC as a home barista, so I will not write down anything specific about those competitions. I was glad to get this opportunity so I would like to share my experience.

 

Q: Why do I think of joining JAC?

One of my friends, Mr. Inoue, who is running a coffee roaster shop called LEYTONS COFFEE ROASTER told me about JAC, so I was interested in it.

The venue for JAC was FUGLEN TOKYO in Tokyo, so I was thinking whether I should participate or not. I took a Barista course for 2 days at FUGLEN TOKYO before the competition and Mr. Kojima taught me how to use an espresso machine. Then I asked him about Aeropress which made me feel connected with FUGLEN TOKYO. Moreover if I joined JAC, I would have more opportunities to see different styles of using Aeropress, so I started thinking of joining JAC at this time.

At the end, I went to MANLY COFFEE to ask Ms. Sunaga about it, then she told me ‘ it doesn’t matter whether I am a home barista or a professional barista’ , so I decided to join JAC.

In addition, I was thinking if I won the championship it would change my life!

Q: What to do to join the competition

Since I decided to join JAC my aim was to go to Melbourne for WAC.

LEYTONS COFFEE ROASTER, where I usually buy coffee beans, gave me some space and coffee beans to practice, so I kept practicing to make a good cup of coffee many times. I went to MANLY COFFEE and the other cafes which serve a cup of coffee using Aeropress, and checked out the recipe of past champions on the Internet to taste them, and then I tried to adjust my recipe. I tried many methods, invert style, normal style, a paper filter, a stainless steel filter, handling water temperature, grain size, how long I need to wait, etc.  As I drunk a lot of coffee my taste buds were confused so I asked some of my friends to taste my coffee and give me some advice.

Before the JAC, FUGLEN TOKYO sent me Solberg&Hansen 250g of coffee beans which we were going to use for JAC, so I read the information about coffee beans on the package and practiced while being conscious of the special features of the coffee beans.

tumblr_mmxutmelyr1qjsr83o1_500

 Q: impression of joining JAC

I wanted to progress to the semi final at least, because the distance between Fukuoka and Tokyo is quite far. Moreover, I was interested in how the other competitors make a cup of coffee and in their taste. Of course they were real barista ( except for some people) , so I was a bit nervous . When Ms. Sunaga explained the rule of JAC, she said the competition of Aeropress was originally conceived to share an enjoyable atmosphere. All the people that surrounded me there were really friendly and there was a good atmosphere, so I really enjoyed everything there without any anxiety.

image03

I noticed that even we all used the same coffee tool (Aeropress), everyone had different ways to make a cup of coffee. I was really impressed that everyone had lots of originalities and techniques.

0-10

0-2

Q: Impression of WAC

After JAC, I had a week left before going to WAC, so at first I had to check the flight for Melbourne, because I needed to buy the ticket by myself at my expense.  I didn’t have enough time to receive the coffee beans which I had to use for WAC, so I needed to buy them in Melbourne. I bought coffee beans 2 days before WA but I got wrong ones unfortunately. Finally I got real ones for WAC the day before WAC. I simply did the same as I had done before JAC and tried to express the feature of the coffee beans

The day of WAC, all competitors had practice time for about an hour. I was overcome by the atmosphere and competitor’s philosophies. Everyone had different ways to make a cup of coffee. I could feel the passion from every competitor, because everyone checked their method and taste many times. Everyone chose good beans to make a cup of coffee and some of them brought water from their own countries. It is obviously basic preparation but I realized the basic things are very important to do proper things.

There were some journalists from some countries so it made me a bit tense. Music started playing, the MC talked in an enjoyable way, and everyone gathered at the place created a good atmosphere.

It was really a passionate and awesome atmosphere at the final with people from all around the world and I really appreciated being there.

Making a good cup of coffee, judging, and creating a beautiful atmosphere, it was a marvelous time and place.  

image05image04

I practice making a good cup of coffee with Aeropress for a short time. I realized how grain size, stir times and water temperature give a different effect to coffee. The more I practice, the more I feel making a cup of coffee is deep, and Aeropress is attractive to me.


Thanks to Ms.Sunaga ( MANLY COFFEE ) ,Mr.Kojima(FUGLEN TOKYO) and Mr.Inoue ( LEYTONS COFFEE ROASTER ) to advise me and help me.

I really appreciate I was able to join WAC.

Thank you for reading.

Aeropress is awesome!

Let’s have an awesome cup of coffee with Aeropress ! ^^

dittig grinders from WATARU

JACで使用するグラインダーに

世界中で愛されるコーヒーグラインダー dittig(ディッティング)を2台

スペシャルティーコーヒーのワタルさんからお借り出来ることになりました。

(ありがとうございます!)

dittigの機種は、コーヒー屋さんでよく見かける「KFA-903」と

画期的なマグネット固定ディスクを組み込んだ「KR-805」です。

dittig http://ditting.wataru.co.jp/

WATARU http://www.specialty-coffee.jp/

どのグラインダーを選ぶのかでも味が変わります。

選手の皆さんがどのグラインダーを使うのかも見所ですね。

 

 

Entries still open for JAC2013 – Are you going to Melbourne with us?

Entries are still open for JAC2013 – You have a chance!
Japan Aeropress Championship entry →
japanaeropresschampionship@gmail.com

World Aeropress Championship 2013 Melbourne

World Aeropress Championship 2013 Melbourne

 

Come with us to Melbourne for the World Aeropress Championship!
Make a reservation on Jetstar, you can go to Melbourne for only ¥66,900!

Melbourne is a wonderful city with a booming coffee community!
Great coffee, delicious food, good music and a rich culture.
2013 World Barista Championships and World Brewers Cup will be held on the Melbourne International Coffee Expo (MICE) on May 23-26th.

The 2013 World Aeropress Championship will be held in Melbourne on Friday 24th May from 7pm until midnight at The Australian Barista Academy –  300 Rosslyn Street, West Melbourne.

いよいよ明日から5月ですね。
もしJetstar http://www.jetstar.com/jp/ja/home で予約すると
5/22~26 成田(NRT)= メルボルン(MEL)
往復¥66,900です!
もう10年以上前メルボルンに少し住んだ事がありますが、
とてもお洒落な街でした。
コーヒー,食事、音楽、カルチャー洒落てます。
ステキなコーヒーショップ、カフェもたくさんです!
バリスタチャンピオンシップ、ブリューワーズカップも5/23-26開催されます。
エアロプレスの世界大会は5/24 7pmからミッドナイトまで!

世界大会に出るチャンスは今!
こちらをコピー&ペーストして
japanaeropresschampionship@gmail.com までメール下さい。

  1. 名前・店名(該当する方のみ)
  2. 携帯番号 
  3. メールアドレス 
  4. もし優勝したらメルボルンに行きますか?はいorいいえ 
  5. JACの意気込み! 

5/17 (金)12:00スタート
フグレントウキョウにて

Cheers,

Noriko and Harald =)

News! 大会開始時間変更!

The time of JAC will be moved from 16.00 to 12.00 on May 17th.

大会開始時間が変更になりました。5月17日金曜日12時からです。

宜しくお願いいたします。

Japan Aeropress Championship

JAC_poster_A3_240413_Done

フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。